【重要】会員体系変更に伴う移行のご案内について

ニフクラ mobile backend利用規約

トップ > 利用規約

ニフクラ mobile backend
利用規約Terms of NIF Cloud mobile backend.

第1条(利用規約)
  1. 本利用規約は、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(以下「FJCT」といいます。)が提供する「ニフクラ mobile backend」(以下「本サービス」といいます。)の利用にかかわる一切に適用されます。
  2. FJCTに本サービスの利用を申し込み、FJCTがこれを承諾したユーザー(以下「ユーザー」といいます。)は、本サービスの利用を申し込む時点で本利用規約の内容を承諾しているものとみなします。
  3. FJCTがユーザーに通知する本サービスの説明、案内、利用上の注意等は、名目の如何にかかわらず本利用規約の一部を構成するものとします。
  4. FJCTは、ユーザーの了承を得ることなく本利用規約を随時変更することができるものとします。変更後の本利用規約は、FJCTが本サービスのホームページ上に掲載することでユーザーに通知した時点より効力が生じるものとします。
第2条(本サービス)
  1. 本サービスの仕様は、別紙に定めるとおりとします。FJCTは、本サービスの仕様を予告なく変更することがあります。
  2. 本サービスの利用料金(以下「利用料金」といいます。)は、別表に定めるとおりとします。
第3条(利用契約)
  1. FJCTとユーザーの間の本サービスの利用にかかわる契約(以下「利用契約」といいます。)の内容は本利用規約によるものとし、利用契約はFJCTが本サービスの利用申込を受け、FJCTがこれを承諾したときに成立するものとします。
  2. FJCT は、本サービスの利用申込が以下のいずれかに該当する場合は、当該利用申込を承諾しないことがあります。
    1. 申告事項に、実在しない法人・メールアドレス、虚偽の記載、誤記又は記入漏れが含まれていること。
    2. 決済手段として届け出られたクレジットカードがクレジットカード会社により無効扱いとされていること。
    3. 過去に本利用規約に違反し、又は本サービスの利用料金を滞納したユーザーによる利用申込であると推測されること。
  3. ユーザーは、営利性の有無を問わず、利用契約に基づき本サービスを利用する権利に関して、第三者に対して使用許諾、賃貸、貸与、譲渡、担保設定等を行わないものとします。
第4条(IDの付与)
  1. FJCTは、前条第1項の承諾をしたときは、当該ユーザーに対し、本サービスの利用及び管理に使用するIDを付与するものとします。
  2. ユーザーは、自己に付与されたIDの使用・管理に一切の責任を負うものとします。当該IDにより認証された本サービスの利用は、すべてユーザーによる利用とみなします。
第5条(ソーシャルログイン)
  1. ユーザーは、ユーザーが所有するFacebook、Twitter、Google又は@nifty法人会員のID(以下「認証情報」といいます。)を使用して、本サービスにログインし、本サービスの利用及び管理を行なうことができます。
  2. ユーザーは、認証情報の使用・管理に一切の責任を負うものとし、認証情報により認証された本サービスの利用は、すべて当該認証情報を所有するユーザーによる利用とみなされるものとします。また、FJCTが認証情報の発行元から、ユーザーによる認証情報の利用に関してクレーム、請求を受け、または紛争が生じた場合は、当該ユーザーが自己の責任と費用負担で当該クレーム、請求または紛争を解決するものとします。
第6条(本サービスの利用)
  1. ユーザーは、本サービスを自己の営業行為のために利用することができるものとします。
  2. ユーザーは、本サービスの利用に関わる費用の一切(設備・機器、ソフトウエア等に要する費用、電気通信回線利用料金を含みます。)を負担します。
  3. ユーザーは、本サービスの円滑な提供のために必要な指示がFJCTより行われた場合、これに従うものとします。
  4. FJCTは、ユーザーが本サービスのBasicプランを利用している場合において、(1)ユーザーの本サービスに対する最終ログイン時点及び(2)本サービス上にユーザーが作成したアプリケーション(以下「本アプリケーション」といいます。)への最終アクセス時点から起算して1か月が経過した時点において、本アプリケーションを消去することができるものとします。FJCTが本アプリケーションを消去したことによりユーザーに損害が生じた場合でも、FJCTは、いかなる責任も負わないものとします。
第7条(料金の支払)
  1. ユーザーは、利用料金をFJCTの指定する方法によりFJCTに支払うものとします。ユーザーが月の途中で本サービスの別のコースに移行した場合、当該ユーザーは、当月中に利用したコースのうち最も利用料金が高いコースの利用料金をFJCTに支払うものとします。
  2. ユーザーは、クレジットカードを利用する際は、FJCTが承認したクレジットカード会社の発行するクレジットカードにより、クレジットカード会社およびFJCTの指定する決済代行会社の規約に基づき、本サービスの利用料金を支払うための手続を完了するものとします。
第8条(延滞利息)
  1. ユーザーが本サービスの利用料金その他の債務について、支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、ユーザーは支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に年14.6%(法人会員にあっては年18.25%)の割合で計算される金額を延滞利息として、利用料金その他の債務とあわせて、FJCTが指定した日までに現金にて一括して支払うものとします。
  2. 前項の支払に必要な振込手数料その他の費用は、全てユーザーの負担とします。
第9条(禁止事項)
  1. ユーザーは、本サービスに用いるFJCTの設備(通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器及びソフトウエアをいいます。)に無権限でアクセスし、又はその利用若しくは運営に支障を与える行為(支障を与えるおそれのある行為を含みます。)をしないものとします。
  2. FJCTは、ユーザーが以下のいずれかに該当すると判断した場合、当該ユーザーに事前に通知することなく、当該ユーザーによる本サービスの利用を一時的に停止することができるものとします。
    1. 第6条第3項に違反した場合
    2. 本条第1項に違反した場合
    3. 本条第1項の違反の他、本サービスの運営に支障をきたす行為を行った場合
    4. 第三者の権利を侵害し、または第三者に損害を与えた場合
    5. 法令に違反する行為を行った場合
  3. FJCTが前項の措置をとったことで、当該ユーザーが本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、FJCTは一切責任を負いません。
  4. ユーザーの行為によりFJCTが損害を被った場合、本利用規約の違反の有無及び利用契約の解約の有無にかかわらず、ユーザーは、FJCTに対し、FJCTが被った損害を賠償するものとします。
第10条(著作権)
  1. ユーザーが作成した本アプリケーション等に係る著作権は、ユーザーに帰属します。
  2. FJCTは、本サービスの広告・宣伝、利用促進の目的の範囲内で、本アプリケーション等の実行画面の情報を、FJCTが管理するWEBサイトに掲載することがあります。
第11条(責任の制限等)
  1. 本サービスの各機能は、提供時点においてFJCTが提供可能なものとします。本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能を有すること、期待する成果を実現すること、不具合を起こさないこと及び利用結果を含め、FJCTは、ユーザーに対し、本サービスに関する何らの保証も行うものではありません。
  2. FJCTは、本サービスの利用に伴い、ユーザー又は第三者のプログラムやデータの消失若しくは破損等が生じた場合であっても、その理由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。
  3. FJCTの責に帰すべき事由により、本サービスの利用ができなかった場合の対応については、別表のとおりとします。
第12条(解約)
  1. ユーザーが利用契約を解約する場合は、解約を希望する月の末日までにFJCTが指定する方法でFJCTに届け出るものとします。
  2. ユーザーが以下のいずれかに該当する場合は、FJCTは当該ユーザーに事前に何等通知又は催告することなく、利用契約を解約することができるものとします。
    1. 第3条第2項各号のいずれかに該当する場合
    2. 第9条第3項各号のいずれかに該当する場合
    3. 本サービスの利用料金または延滞利息の支払が遅延した場合
    4. その他、FJCTがユーザーとして不適当と判断した場合
  3. 前項により、利用契約が解約された場合、ユーザーは期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料金及び延滞利息等FJCTに対して負担する債務の一切を一括して弁済するものとします。
第13条(利用契約終了後の措置)
解約その他の事由により利用契約が終了した場合、FJCTは、以下の各号の措置を取ります。
  1. 本サービスの利用及び管理のために当該ユーザーの付与したIDを停止します。
  2. 本サービスの利用により当該ユーザーによってFJCTのサーバーに格納された本アプリケーションを含むすべてのデータを消去します。
第14条(本サービスの終了)
  1. FJCTは、本サービスの提供を終了するときは、ユーザーに対し事前に通知するものとします。ただし、緊急の場合にはこの限りではありません。
  2. 前項の通知は、本サービスのホームページ上に表示することにより行うものとし、表示後1か月経過した時点で全てのユーザーに通知したものとみなされるものとします。
  3. FJCTは、理由の如何を問わず、第1項の通知を行うことにより本サービスの終了によりユーザーが被った被害について一切免責されるものとします。
第15条(個人情報)
  1. FJCTは、ユーザーの個人情報を別途オンライン上に掲示する方針に基づき、適切に取り扱うものとします。
  2. FJCTは、個人情報を、以下の利用目的の範囲内で取り扱います。
    1. 本サービスを提供すること。
    2. 本サービスのサービスレベルの維持向上を図るため、アンケート調査、及び分析を行うこと。
    3. 本サービスに関するイベントの案内を行うこと
    4. ユーザーから個人情報の取扱いに関する同意を求めるために、電子メールを送付すること。
    5. その他ユーザーから得た同意の範囲内で利用すること。
  3. FJCTは、前項の利用目的の実施に必要な範囲で個人情報の取り扱いを委託先に委託することができるものとします。
  4. FJCTは、個人情報の提供先とその利用目的を通知し承諾を得ること(画面上それらを明示し、ユーザーが拒絶する機会を設けることを含みます。)を行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。
  5. 本条第4項にかかわらず、FJCTは、以下の各号により個人情報を開示、提供することがあります。
    1. 刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合には、当該処分の定める範囲で開示、提供することがあります。
    2. 生命、身体又は財産の保護のために必要があるとFJCTが判断した場合には、当該保護のために必要な範囲で開示、提供することがあります。
  6. 本条第4項にかかわらず、ユーザーによる本サービスの利用に係わる利用料金の特定、支払い及び回収に必要と認めた場合には、FJCTは、必要な範囲でクレジットカード会社等の金融機関に個人情報を開示、提供することがあります。
第16条(管轄裁判所)
本サービスの利用に係る紛争に関しては、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第17条(準拠法)
利用契約に係わる準拠法は日本法とします。
第18条(その他)
本利用規約に定めのない事項は、ニフクラ利用規約によるものとします。
付則
本利用規約は、2013年9月25日より効力を有するものとします。
本利用規約は、2017年9月21日より改定施行します。
以上

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ