サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >SNS連携(Unity):Twitter連携

SNS連携(Unity)

ドキュメント内検索

Twitter連携

概要

このページでは、Twitterアカウントを利用してアプリの認証を行う機能について
必要な設定と実装を説明していきます。

アプリ側でTwitter認証を実装する

以下のドキュメントを参考に、Unity へFabric Pluginをインストールしてください。

Fabric for Unity:Getting Started

インストールしたFabric プラグインを利用して、Twitterログインを実装してください。
ログイン完了後に ニフティクラウド mobile backend へのログインも実施するようにします。

Twitterログイン後、NCMBTwitterParametersで認証データを作成し、
NCMBUserクラスのLogInWithAuthDataAsyncメソッドでログインします。

以下のサンプルコードは、FabricのTwitter Kitと組み合わせた実装例です。
Twitterログイン後にsuccessを用いて、idやセッショントークンを取得することが可能です。

また、TWITTER_KEYとTWITTER_SECRETはあらかじめアクティビティに設定した
TwitterのConsumer KeyとConsumer Secretの文字列です。
(Twitter Kit version 2.2.0を使用しています)

var session = Twitter.Session;
    if (session == null) {
    //Twitterへログイン
    Twitter.LogIn (
    success => {

      //認証用パラメータの作成
      NCMBTwitterParameters parameters = new NCMBTwitterParameters(
        success.id.ToString (),
        success.userName,
        TWITTER_KEY,
        TWITTER_SECRET,
        success.authToken.token,
        success.authToken.secret
      );

      NCMBUser user = new NCMBUser ();
      user.AuthData = parameters.param;

      //ニフティクラウド mobile backendにログイン
      user.LogInWithAuthDataAsync((NCMBException e) => {
            Debug.Log("login成功");
        });

既存会員にTwitterの情報を紐づけたい場合はLinkWithAuthDataAsyncを、既存会員からTwitterの情報を削除する場合はUnLinkWithAuthDataAsyncを用います。
(UnLinkWithAuthDataAsyncは指定した認証情報を削除しますが、会員情報は削除しないことに注意してください)

ダッシュボードでの設定

左側のメニューから、「アプリ設定」を開き、SNS連携の設定を開きます。
SNS連携設定画面
連携の許可にチェックを入れた上で、Twitterの開発者向けサイトで発行されたコンシューマキーを入力してください。

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ