サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >SNS連携(JavaScript):Twitter連携

SNS連携(JavaScript)

Twitter連携

JavaScript でのTwitter連携について

JavaScript SDKでのTwitter連携(Twitterアカウントでの認証機能)を利用するためには、
Twitterアカウントでのログイン処理を行い、認証に必要な以下の情報を取得する必要があります。

  • Twitter ID
  • Twitterアカウントの名前
  • コンシューマーキー
  • コンシューマーシークレット
  • トークン
  • トークンシークレット

これらの情報を設定したうえで、NCMB.UserクラスのsignUpWithメソッドを利用して
ニフティクラウド mobile backendへの会員登録・ログインを行ってください。

ダッシュボードでの設定

アプリ設定のSNS連携から、Twitter連携を有効にすることができます。
連携の許可にチェックを入れた上で、Twitterの開発者向けサイトで発行されたコンシューマキーを入力してください。

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ