サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >SNS連携(Unity):Facebook連携

SNS連携(Unity)

Facebook連携

概要

このページでは、Facebookアカウントを利用してアプリの認証を行う機能について
必要な設定と実装を説明していきます。

Facebook Developerでのアプリ登録

Facebook Developer 上でアプリを登録し、Facebook App IDを取得する必要があります。

アプリ側でFacebook認証を実装する

以下のドキュメントを参考に、Unity へFacebook SDK for Unityをインストールしてください。

Getting Started Facebook for Unity

インストールしたFacebook SDK for Unityを利用して、Facebookログインを実装してください。

Facebook Login

ログイン完了後に ニフティクラウド mobile backend へのログインも実施するようにします。

Facebookログイン後、NCMBFacebookParametersで認証データを作成し、
NCMBUserクラスのLogInWithAuthDataAsyncメソッドでログインします。

以下のサンプルコードは、Facebook SDK for Unityと組み合わせた実装例です。
Facebookログイン後にCurrentAccessTokenから、セッショントークンを取得することが可能です。
(Facebook SDK for Unity version 7.9.4を使用しています)

var list = new List<string> { "public_profile", "email", "user_friends" };
//Facebookへログイン
FB.LogInWithReadPermissions(list, result => {
  var aToken = Facebook.Unity.AccessToken.CurrentAccessToken;
  var userId = aToken.UserId;
  var token = aToken.TokenString;
  var extime = aToken.ExpirationTime;

  //認証用パラメータの作成
  NCMBFacebookParameters parameters = new NCMBFacebookParameters(
    userId,
    token,
    extime
  );

  NCMBUser user = new NCMBUser ();
  user.AuthData = parameters.param;

  //ニフティクラウド mobile backendにログイン
  user.LogInWithAuthDataAsync((NCMBException e) => {
    Debug.Log("login成功");
  });
});

既存会員にFacebookの情報を紐づけたい場合はLinkWithAuthDataAsyncを、既存会員からFacebookの情報を削除する場合はUnLinkWithAuthDataAsyncを用います。
(UnLinkWithAuthDataAsyncは指定した認証情報を削除しますが、会員情報は削除しないことに注意してください)

ダッシュボードでの設定

左側のメニューから、「アプリ設定」を開き、SNS連携の設定を開きます。
SNS連携設定画面
連携の許可にチェックを入れた上で、Facebookの開発者向けサイトで発行されたアプリIDを入力してください。

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ