サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >SDKガイド(iOS):Version2に伴う変更点

SDKガイド(iOS)

ドキュメント内検索

Version2に伴う変更点

このドキュメントは更新されていません。
こちらから最新版をご覧ください。

バージョンアップに伴う変更点について

本SDKVersion1からVersion2へのバージョンアップに伴い、機能や仕様に変更があります。
大きく分けて以下の内容になります。

  • 対応OSバージョンがiOS 6.0 ~ 8.0に変更
  • アーキテクチャの64bit対応
  • オープンソースに伴いCocoaPodsでのインストール対応
  • JSONKit-masterの削除
  • 各クラスのメソッド変更・追加・削除

各クラスの変更点について

NCMBACL

変更

//権限取得系メソッド名
getPublicReadAccess => isPublicReadAccess
getPublicWriteAccess => isPublicWriteAccess
getReadAccessForRoleWithName: => isReadAccessForRoleWithName:
getWriteAccessForRoleWithName: => isWriteAccessForRoleWithName:
getReadAccessForRole: => isReadAccessForRole:
getWriteAccessForRole: => isWriteAccessForRole:
getReadAccessForUserId: => isReadAccessForUserId:
getWriteAccessForUserId:: => isWriteAccessForUserId::
getReadAccessForUser:: => isReadAccessForUser::
getWriteAccessForUser:: => isWriteAccessForUser::

NCMBFile

削除

//プロパティ
isDataAvailable

NCMBInstallation

削除

//プロパティ
installationId
//installationIdの代わりにobjectIdを参照してください

NCMBObject

変更

//プロパティ名
createdAt => createDate
updatedAt => updateDate
//メソッド
fetch全般
//Version2では戻り値がNCMBObject型からBOOL型に変更になります

削除

//メソッド
fetchIf全般
fetchAll全般
objectWithClassName:attrs:
objectWithoutDataWithClassName:objectId:

追加予定

//今後追加予定のメソッド
saveEventuallyWithTarget:selector:
deleteEventuallyWithTarget:selector:
setObject:forKeyedSubscript:
objectForKeyedSubscript:

NCMBPush

追加

//メソッド
setBadgeNumber:
setBadgeIncrementFlag:
setSound:
setContentAvailable:
setAction:

NCMBQuery

追加

//メソッド
setCachePolicy:

削除

//プロパティ
cachePolicy
maxCacheAge

NCMBRole

追加

//メソッド
addUser:
addRole:

削除

//プロパティ
users
roles
//メソッド
initWithName:acl
roleWithName:acl

NCMBUser

追加

//匿名ユーザーを正規ユーザーに昇格するメソッド
signUpFromAnonymous:password:error:
signUpFromAnonymousInBackgroundWithBlock:password:block:
signUpFromAnonymousInBackgroundWithTarget:password:target:selector

削除

//メソッド
saveAll:error:
saveAllInBackground:block:

全体

変更

  • APIリクエストのエラーコードが6桁で取得できるようになりました。
  • APIリクエスト時の真偽値succeededは、今後廃止予定の引数とします。
    • 現在のsucceededの仕様は、通信が発生した場合にエラーの有無に関わらずYESを返すようになっております。
    • エラーハンドリングを実施する場合はNSErrorオブジェクトの中身を確認してください。

削除

save,saveInBackgroundなど通信系の引数がないメソッド

//上記削除メソッドのように結果が不要な場合は、引数にあるerrorやblockにnilを設定してください
NCMBObject *obj = [NCMBObject objectWithClassName:@"Post"];
[obj save:nil];//error
[obj saveInBackgroundWithBlock:nil];//block

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ