サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >SDKガイド(Android):Version2に伴う変更点

SDKガイド(Android)

Version2に伴う変更点

このドキュメントは更新されていません。
こちらから最新版をご覧ください。

バージョンアップに伴う変更点について

本SDKVersion1からVersion2へのバージョンアップに伴い、機能や仕様に変更があります。
大きく分けて以下の内容になります。

  • GCMの仕様変更対応
  • クラス構成の変更・インターフェースの一部変更
  • SNS連携のポリシー変更
  • オープンソース化

GCMの仕様変更対応

  • Registration IDの取得方法を変更し、InstanceID APIを利用するようにしました
  • プッシュ通知受信時の処理をGcmListenerServiceで実装するように変更しました
  • Notification.Builderを利用して、プッシュ通知の表示を行うよう変更しました

クラス構成の主な変更について

  • 通信クラス、サービスクラス、エンティティクラスに分かれています
  • NCMBGeoPointクラスを削除しました
    • LocationクラスをNCMBObjectなどにセットしてください
  • ファイルストア、SNS連携機能については次期アップデートで機能強化する予定です

詳細なクラス構成やインターフェースについては、SDKリファレンスをご覧ください。

SNS連携のポリシー変更について

SNS連携については、各プラットフォームが提供しているライブラリを利用してOAuth認証を実装していただき、
認証後のトークンを会員情報として登録する必要があります。

オープンソース化

Android SDKのversion2は、オープンソースとしてGithubで公開しています。

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ