サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >スクリプト(Android):サンプル集

スクリプト(Android)

サンプル集

利用可能なライブラリ

利用する言語によって、利用可能なライブラリが異なります。

Node.js

Node.js スクリプトで利用可能なライブラリについては、スクリプト : Node.jsスクリプトの作成をご覧ください。

Ruby

Ruby スクリプトで利用可能なライブラリについては、スクリプト : Rubyスクリプトの作成をご覧ください。

ncmb ライブラリ

mobile backend の SDK 等を使用し、スクリプトからデータストアやファイルストアなど mobile backend の他の機能を使用することが可能です。

GET サンプル

以下は GET メソッドを利用して、データストアの Item クラスからデータを取得し、ランダムに選択されたレコードを返すサンプルです。

Node.js スクリプトの場合
module.exports = function(req, res) {
  var NCMB = require('ncmb');
  var ncmb = new NCMB('YOUR_APPLICATION_KEY', 'YOUR_CLIENT_KEY');

  var Item = ncmb.DataStore('Item');
  Item.fetchAll()
      .then(function(items){
        // ランダムに 1 件選択
        item = items[Math.floor(Math.random() * items.length)];
        res.status(200).json(item);
      })
      .catch(function(error){
        res.status(500).json({error: 500});
      });
}


Ruby スクリプトの場合
require "ncmb"

NCMB.initialize(
  application_key: "YOUR_APPLICATION_KEY",
  client_key: "YOUR_CLIENT_KEY"
)

def call(env)
  item = NCMB::DataStore.new("Item")
  begin
    # データをすべて取得し、ランダムに 1 件選択
    fields = item.all.sample.fields
    # 成功
    return [
      200,
      {"Content-Type" => "application/json"},
      [fields.to_json]
    ]
  rescue => e
    # 失敗
    return [
      500,
      {"Content-Type" => "application/json"},
      [{"error" => e.message}.to_json]
    ]
  end
end

YOUR_APPLICATION_KEY, YOUR_CLIENT_KEY にはそれぞれアプリケーションキー、クライアントキー( APIキー )の設定が必要です。
※ データストアの Item クラスからデータを取得するため、事前にデータを用意しておく必要があります。


スクリプトアップロード

GET メソッドを利用時のスクリプトアップロード方法については、スクリプト (Android) : 基本的な使い方 を参照ください。


スクリプトの実行(ダッシュボード)

GET メソッドを利用時のスクリプト実行方法(ダッシュボード)については、スクリプト (Android) : 基本的な使い方 を参照ください。

GET_execute


スクリプトの実行(アプリ)

GET メソッドを利用時のスクリプト実行方法(アプリ)については、スクリプト (Android) : 基本的な使い方 を参照ください。


POST サンプル

以下は POST メソッドを利用して、データストアにデータ保存するサンプルです。

Node.js スクリプトの場合
function saveData(req, res) {
  // POSTのデータを取得
  var field1 = req.body.field1;
  var field2 = req.body.field2;

  // ヘッダーのデータを取得
  var username = req.get("username");
  var password = req.get("password");

  var NCMB = require('ncmb');
  var ncmb = new NCMB('YOUR_APPLICATION_KEY', 'YOUR_CLIENT_KEY');

  if ( username != "admin" || password != "123456" ) {
    res.status(401);
    res.send("Authentication fail!");
  }

  // データを保存する
  var Item = ncmb.DataStore('Item');
  var item = new Item();
  item.set("field1", field1)
      .set("field2", field2)
      .save()
      .then(function(item){
        // 成功
        res.send("POST data successfully!");
      })
      .catch(function(err){
        // 失敗
        res.status(500).send("Error: " + err);
      });
}

module.exports = saveData;


Ruby スクリプトの場合
require "rack"
require "ncmb"

NCMB.initialize(
  application_key: "YOUR_APPLICATION_KEY",
  client_key: "YOUR_CLIENT_KEY"
)

def call(env)
  req = Rack::Request.new(env)
  # POSTのデータを取得
  field1 = req.params["field1"]
  field2 = req.params["field2"]

  # ヘッダーのデータを取得
  username = req.get_header("HTTP_USERNAME")
  password = req.get_header("HTTP_PASSWORD")
  if username != "admin" || password != "123456"
    return [
      401,
      {"Content-Type" => "application/json"},
      [{"error" => "Authentication fail!"}.to_json]
    ]
  end

  item = NCMB::Object.new("Item")
  begin
    # データを保存する
    item.set("field1", field1)
    item.set("field2", field2)
    item.save
    # 成功
    return [
      200,
      {"Content-Type" => "application/json"},
      [{"result" => "POST data successfully!"}.to_json]
    ]
  rescue => e
    # 失敗
    return [
      500,
      {"Content-Type" => "application/json"},
      [{"error" => e.message}.to_json]
    ]
  end
end

YOUR_APPLICATION_KEY, YOUR_CLIENT_KEY にはそれぞれアプリケーションキー、クライアントキー( APIキー )の設定が必要です。


スクリプトアップロード

スクリプトファイルアップロード時のメソッド設定は POST にします。

POST_upload


スクリプトの実行(ダッシュボード)

実行するスクリプトファイルを選択し、「詳細情報」タブから「実行」タブに切り替えます。 POST する値を Body に設定し「実行」をクリックします。

POST_execute


スクリプトの実行(アプリ)

Android アプリからスクリプトを呼び出す際は、次のように記述します。

// 呼び出すスクリプトファイルとメソッドを指定
NCMBScript script = new NCMBScript("testScript_POST.js", NCMBScript.MethodType.POST);
JSONObject body = null;
Map<String, String> header = null;
  try {
    header = new HashMap<>();
    header.put("username","admin");
    header.put("password","123456");

    body = new JSONObject();
    body.put("field1", 1);
    body.put("field2", 2);

    // スクリプトの実行
    script.executeInBackground(header, body, null, new ExecuteScriptCallback() {
      @Override
      public void done(byte[] result, NCMBException e) {
        if (e != null) {
          // 実行失敗時の処理
          Log.d("Error", e.getMessage());
        } else {
          // 実行成功時の処理
          Log.d("Info", new String(result));
        }
      }
    });
  } catch (JSONException e) {
    e.printStackTrace();
  }

DELETE サンプル

以下は DELETE メソッドを利用して、データストアの Item クラスにあるにデータから、指定の objectId に該当するレコードを削除するサンプルです。

Node.js スクリプトの場合
function deleteData(req, res) {
    // 削除するIDを取得
    var id = req.query.id;

    var NCMB = require('ncmb');
    var ncmb = new NCMB('YOUR_APPLICATION_KEY', 'YOUR_CLIENT_KEY');

    var Item = ncmb.DataStore('Item');

    Item.equalTo("objectId", id)
        .fetchAll()
        .then(function(results) {
            var promises = [];
            for (var i = 0; i < results.length; i++) {
                var object = results[i];
                // 該当のデータを削除する
                promises.push(object.delete());
            }
            return Promise.all(promises);
        })
        .then(function(result){
            // 成功
            res.send("DELETE data successfully")
         })
         .catch(function(err){
            // 失敗
            res.status(500).send("Error: " + err);
        });
}

module.exports = deleteData;


Ruby スクリプトの場合
require "rack"
require "ncmb"

NCMB.initialize(
  application_key: "YOUR_APPLICATION_KEY",
  client_key: "YOUR_CLIENT_KEY"
)

def call(env)
  req = Rack::Request.new(env)
  # 削除する ID を取得
  id = req.params["id"]
  item = NCMB::DataStore.new("Item")
  begin
    # 該当のデータを削除する
    items = item.where("objectId", id).all
    items.each { |i| i.delete }
    # 成功
    return [
      200,
      {"Content-Type" => "application/json"},
      [{"result" => "DELETE data successfully!"}.to_json]
    ]
  rescue => e
    # 失敗
    return [
      500,
      {"Content-Type" => "application/json"},
      [{"error" => e.message}.to_json]
    ]
  end
end

YOUR_APPLICATION_KEY, YOUR_CLIENT_KEY にはそれぞれアプリケーションキー、クライアントキー( APIキー )の設定が必要です。
※ データストアの Item クラスからデータを削除するため、事前にデータを用意しておく必要があります。


スクリプトアップロード

スクリプトファイルアップロード時のメソッド設定は DELETE にします。

DELETE_upload


スクリプトの実行(ダッシュボード)

実行するスクリプトファイルを選択し、「詳細情報」タブから「実行」タブに切り替えます。削除するレコードの objectId を Query に設定し「実行」をクリックします。

DELETE_execute


スクリプトの実行(アプリ)

Android アプリからスクリプトを呼び出す際は、次のように記述します。

// 呼び出すスクリプトファイルとメソッドを指定
NCMBScript script = new NCMBScript("testScript_DELETE.js", NCMBScript.MethodType.DELETE);
JSONObject query = null;
try {
    query = new JSONObject();
    query.put("id", "sample_objectId");

    // スクリプトの実行
    script.executeInBackground(null, null, query, new ExecuteScriptCallback() {
      @Override
      public void done(byte[] result, NCMBException e) {
        if (e != null) {
          // 実行失敗時の処理
          Log.d("Error", e.getMessage());
        } else {
          // 実行成功時の処理
          Log.d("Info", new String(result));
        }
      }
    });
} catch (JSONException e) {
  e.printStackTrace();
}

PUT サンプル

PUT メソッドに関しては、POST メソッドと同様に利用可能です。
POST サンプルをご参照ください。

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ