サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >REST API リファレンス:エラーコード一覧

共通ドキュメント

エラーコード一覧

REST APIのエラーコードについて

REST APIを利用中、エラーが発生した場合には、エラーコードとメッセージがJSON形式で返却されます。

エラーコード エラーメッセージ 内容
E100001 Authentication error by response signature incorrect. レスポンスシグネチャの不一致
E404002,E404005,E405002,E415001ではレスポンスシグネチャがヘッダーに含まれないので、レスポンスの検証を有効にしていて上記エラーが発生しても、E100001が必ず返却される。(本エラーはレスポンスの検証を行った場合にSDK上で返却される)
E400000 Bad Request. 不正なリクエスト
E400001 JSON is invalid format. JSON形式不正
E400002 {0} is invalid. 型が不正
E400003 {0} is empty. 必須項目で未入力
E400004 {0} is invalid format. フォーマットが不正
E400005 {0} is not a valid value. 有効な値でない
E400006 {0} does not exist. 存在しない値
E400007 {0} is invalid format[lineNo:{1}]. インポートエラー
E400008 Either {0} or {1}. 相関関係でエラー
E400009 {0} size must be between {1} and {2}. 指定桁数を超えている
E401000 Unauthorized. 認証エラー
E401001 Authentication error by header incorrect. Header不正による認証エラー
E401002 Authentication error with ID/PASS incorrect. ID/Pass認証エラー
E401003 OAuth {0} authentication error. OAuth認証エラー
E401004 No settlement for a free plan. 決済情報なしで有料プラン申込みによるエラー
E403000 Forbidden. アクセス権なし
E403001 No access with ACL. ACLによるアクセス権なし
E403002 Unauthorized operations for {0}. コラボレータ/管理者(サポート)権限なし
E403003 Operation that are prohibited. 禁止されているオペレーション
E403004 One-Time-Token expired. ワンタイムキー有効期限切れ
E403005 {0} must not be entered. 設定不可の項目
E403006 Invalid GeoPoint value. GeoPoint型フィールドに対してGeoPoint型以外の値を登録/更新
GeoPoint型以外のフィールドに対してGeoPoint型の値を登録/更新
不正な位置検索を実施
E404001 No data available. 該当データなし
E404002 None service. 該当サービスなし
E404003 None field. 該当フィールドなし
E404004 None device token. 該当デバイストークンなし
E404005 No such application. 該当アプリケーションなし
E404006 No such user. 該当ユーザなし
E405001 Method not allowed. リクエストURI/メソッドが不許可(サービス提供しているURI/メソッドでない)
E409001 {0} is duplication. 重複エラー。項目によって一意の内容が異なる
E413001 File size Limit error. 1ファイルあたりのサイズ上限エラー
E413002 Request entity too large. MongoDB1ドキュメントあたりのサイズ上限エラー(16MB)
E413003 Requests thread Limit error. 複数オブジェクト一括操作の上限エラー
E414000 Request-URI Too Large. リクエストURI長の上限エラー
E415001 Unsupported media type. サポート対象外のContent-Typeを指定
E429001 {0} have passed their limit. 使用制限(APIコール数、PUSH通知数、ストレージ容量)超過
E429002 Too many requests. 使用制限(過度な同時接続)
E500001 System error. システムエラー ・DBエラー
E502001 Storage error. ストレージエラー。NIFTY Cloud ストレージでエラーが発生した場合のエラー。
E502002 Mail failure. メール送信エラー
E503001 Service unavailable. サービス利用不可

「配信エラー内容」について

プッシュ通知の詳細画面にて、
配信エラーが発生する場合、「配信エラー内容」にて詳細を記載しています。

エラー表示

プッシュ通知のstatusはcomplete, timeout, error, unknownがあります。
エラーが発生する場合、エラーの詳細は以下のような例があります。

{
    "description": {             
        "status": "complete"     
    },                           
    "ios": {
        "total": 999999,
        "complete": 999986,
        "unknown": 1,
        "systemError": 1,
        "invalidToken": 1,
        "noErrorsEncountered": 1,
        "processingError": 1,
        "missingDeviceToken": 1,
        "missingTopic": 1,
        "missingPayload": 1,
        "invalidTokenSize": 1,
        "invalidTopicSize": 1,
        "invalidPayloadSize": 1,
        "shutdown": 1,
        "none": 1
    },
    "android": {
        "total": 999999,
        "complete": 999984,
        "unknown": 1,
        "systemError": 1,
        "missingRegistration": 1,
        "invalidRegistration": 1,
        "notRegistered": 1,
        "invalidPackageName": 1,
        "mismatchSenderId": 1,
        "messageTooBig": 1,
        "invalidDataKey": 1,
        "invalidTtl": 1,
        "timeout": 1,
        "internalServerError": 1,
        "topicsMessageRateExeeded": 1,
        "invalidJson": 1,
        "authenticationError": 1
    }
}

  • description: プッシュ送信処理結果プッシュ送信処理結果を表示します。
  • total: プッシュ送信時にトータル何端末分の処理を行ったかを表示します。
  • "ios"の場合:
    • "total", "complete", "unknown", "systemError"の項目: 送信結果別iOS端末数(システムステータス): 送信処理に対してプッシュシステムによるステータスごとのiOS端末数です。
    • その他の項目:送信結果別iOS端末数(APNSステータス) 送信処理に対してAPNs(Apple Push Notification Service)から返却されたエラーコード別のiOS端末数です。
  • "android"の場合:
    • "total", "complete", "unknown", "systemError"の項目: 送信結果別Android端末数(システムステータス): 送信処理に対してプッシュシステムによるステータスごとのAndroid端末数です。
    • その他の項目:送信結果別Android端末数(GCMステータス) 送信処理に対してGCM(Google Cloud Messaging)から返却されたエラーコード別のAndroid端末数です。
GCM送信結果詳細
 項目            説明   
 total      総プッシュ送信処理数 
 complete   送信完了端末数    
 unknown     送信結果不明端末数  
 systemError  システムエラーが発生した端末数 
 missingRegistration  (GCM) 端末ID欠如 
 invalidRegistration  (GCM) 不正な端末ID 
 notRegistered  (GCM) 未登録端末ID 
 invalidPackageName  (GCM) 不正なパッケージ名  
 mismatchSenderId  (GCM) 誤った送信元ID  
 messageTooBig  (GCM) メッセージ過大  
 invalidDataKey  (GCM) 不正なデータキー  
 invalidTtl  (GCM) 不正な有効期限  
 timeout  (GCM) タイムアウト 
 internalServerError  (GCM) サーバエラー   
 topicsMessageRateExeeded  (GCM) 過剰なトピックメッセージ  
 invalidJson (GCM) 不正なJSON   
 authenticationError  (GCM) 認証エラー   
  • Androidの詳細には、エラーコード以外にもandroid.removeToken, android.updateTokenが出力されることがあります。 こちらはエラーではありません。内部システムにおいて、GCM送信後に即時端末データの更新/削除を行っています。
  • 端末がandroid.notRegisteredとして返却された場合、端末が自動削除されます。削除された台数がandroid.removeTokenとして返却します。
  • 端末がcanonicalIDとして返却された場合、端末が自動更新されます。更新された台数がandroid.updateTokenとして返却します。
APNs送信結果詳細
 項目            説明   
 total      総プッシュ送信処理数 
 complete   送信完了端末数    
 unknown     送信結果不明端末数  
 systemError  システムエラーが発生した端末数 
 noErrorsEncountered  (APNS) エラー無し 
 invalidToken  (APNS) 不正なトークン 
 processingError  (APNS) 処理エラー 
 missingDeviceToken  (APNS) デバイストークン欠如  
 missingTopic  (APNS) トピック欠如  
 missingPayload  (APNS) ペイロード欠如  
 invalidTokenSize (APNS) 不正なトークンサイズ  
 invalidTopicSize (APNS) 不正なトピックサイズ  
 invalidPayloadSize  (APNS) 不正なペイロードサイズ  
 shutdown  (APNS) 停止   
 none (APNS) 不明  

※APNs、GCMステータスは予告なく変更されることがあります。

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ