サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >イントロダクション(Unity):クイックスタート

イントロダクション(Unity)

クイックスタート

新規CTA

クイックスタートについて

このページでは、mobile backendをUnityアプリと連携させる手順を紹介します

アプリの新規作成

ダッシュボード

  • ニフティクラウドmobile backendにログインします
  • ダッシュボードが表示されたら、「アプリの新規作成」を行います
    • すでに別のアプリを作成済みの場合は、ヘッダーの「+新しいアプリ」をクリックします

新規アプリケーション作成

  • 「アプリ名」を入力し「新規作成」をクリックすると、APIキー(アプリケーションキーとクライアントキー)が発行されます

APIキー発行

  • APIキーは後ほどUnityアプリで使います

Unity

  • Unityでプロジェクトを作成します
    • 既存のプロジェクトを利用する場合はこの作業は不要です

Unityプロジェクト

Unityプロジェクト

SDKのダウンロード

  • 以下のリンクからGithubのリリースページを開き、NCMB.x.x.x.zip(xはバージョン番号)をダウンロードしてください

Githubのリリースページ

Unity download

SDKをインストールする

Unity

  • 先ほどダウンロードしたzipファイルを解凍します
  • フォルダ内にある「NCMB.unitypackage」をダブルクリックして、インポートてください

SDKを配置

SDKを配置

SDKの読み込み

Unity

  • 空のGame Objectを作成します
    • わかりやすいように、作成したGame Objectをここでは「NCMBSettings」という名前に変更します。

空のGame Objectを生成する

  • インポートした「NCMB」のフォルダ内にある「NCMBSettings.cs」を、先ほど作成した「NCMBSettings」にドラッグ&ドロップでアタッチします

NCMBSettingsをアタッチする

NCMBSettingsを生成する

APIキーの設定とSDKの初期化

Xcode

  • コードを書いていく前に、必ずmBaaSで発行されたAPIキーの設定を行う必要があります
  • アタッチした状態でヒエラルキー(Hierarchy)の「NCMBSettings」をクリックすると、インスペクタ(Inspector)に図のようなアプリケーションキーとクライアントキーの入力欄が表示されます

APIキー設定

  • プッシュ通知機能を使用する場合、Use Pushにチェックを入れてください
    • Android向けにプッシュ通知を行う場合、さらにAndroid Sender IDを設定します。
    • 開封通知を行う場合、Use Analyticsにチェックを入れてください。
    • 詳しくはプッシュ通知の基本的な使い方をご覧ください。
  • レスポンスシグネチャの検証を行う場合はResponse Validationにチェックを入れてください

ダッシュボード

  • 上のアプリケーションキーとクライアントキーは、mBaaSのダッシュボードで「アプリの新規作成」を行ったときに発行されたAPIキーに置き換えます
    • アプリ作成時のAPIキー発行画面を閉じてしまった場合は、「アプリ設定」>「基本」で確認できます。
    • 「コピー」ボタンを使用してコピーしてください。

APIキー確認

  • これで連携作業は完了です!
  • サンプルコードを書いて実際にmBaaSを使ってみましょう

サンプルコードの実装

  • ここまでの作業を行えば、プロジェクト中のどのシーン、どのスクリプトでもmobile backendの機能を使用することができます
  • 新しく「空のGame Object」と「C#スクリプト」を作成し、そのスクリプトを空のGame Objectにアタッチします

ncmb import

  • スクリプトを開き、最上部に以下の内容を追記します
using NCMB;

ncmb import

  • Startメソッド内に書いた処理は、GameObjectの起動時に実行されます
  • Startメソッドの中にサンプルコードを書くと、すぐに動作確認が可能です
// Use this for initialization
void Start () {
  // ↓ ここにサンプルコードを実装 ↓

}

サンプルコード(データストア)

Unity

  • 次のコードはmBaaSのデータストアに保存先の「TestClass」というクラスを作成し、「message」というフィールドへ「Hello, NCMB!」というメッセージ(文字列)を保存するものです
// クラスのNCMBObjectを作成
NCMBObject testClass = new NCMBObject("TestClass");

// オブジェクトに値を設定

testClass["message"] = "Hello, NCMB!";
// データストアへの登録
testClass.SaveAsync();

アプリを実行してmBaaSのダッシュボードを確認する
  • アプリを実機またはシュミレーターで実行します

ダッシュボード

  • アプリが起動されたら、mBaaSのダッシュボードで「データストア」から、データが保存されていることを確認できます

DBサンプル結果

注意事項

  • WindowsでMonoDevelopを使用しビルドする際、「.NET 4.0」以上を選択する必要があります。設定方法はMonoDevelopの[Project] -> [Assembly-CSharp options] -> [Build/General] -> Target Framework で Mono/.NET 4.0を選択します。

Unityアプリのチュートリアルについて

  • 他にもさまざまなチュートリアルをご用意しています

  • 5分体験会

    • あっという間にmBaaS(データストア)を体験できます! 興味がある方はこちら

ぜひご活用ください!

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ