サーバー構築不要!スマートフォンアプリ向けの新クラウド

トップ >ドキュメント >データストア(Unity):ランキングを作る

データストア(Unity)

ドキュメント内検索

ランキングを作る

概要

このページでは、Unityアプリでランキングを実装する場合の
Unity SDKの使い方について解説します。

スコアの保存

通常のオブジェクト保存と同じように
プレイヤー名とスコアを設定してデータストアに登録していきます。

NCMBObject obj = new NCMBObject("HighScore");
obj["Name"]  = name;
obj["Score"] = 0;
obj.SaveAsync();

ランキングの取得

各プレイヤーのハイスコアが保存されているHighScoreクラスから、
Scoreの降順でデータを検索することで、簡単にランキングが取得できます。

NCMBQuery<NCMBObject> query = new NCMBQuery<NCMBObject> ("HighScore");

//Scoreフィールドの降順でデータを取得
query.OrderByDescending ("Score");

//検索件数を5件に設定
query.Limit = 5;

//データストアでの検索を行う
query.FindAsync ((List<NCMBObject> objList ,NCMBException e) => {
    if (e != null) {
        //検索失敗時の処理
    } else {
        //検索成功時の処理
    }
});

参考リンク

以下のチュートリアルでは、
実際のサンプルゲームでランキング機能を実装する手順が解説されています。

ゲームにオンライン機能を追加する(Unity)

お探しの内容が見つからなかった場合はユーザーコミュニティ もご活用ください。(回答保証はいたしかねます)
なお、 Expertプラン以上のお客様はテクニカルサポートにてご質問を承らせて頂きます。

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ