ニフティクラウド mobile backendからの機能追加/改修のお知らせ

トップ > ニュース > 機能追加/改修

ニュースNews of NIFTY Cloud mobile backend.

2016年04月04日 【正式版】スクリプト機能リリースについて

スクリプト機能(正式版)の提供を、本日4月4日より開始いたします!

3月中はたくさんの方にトライアル版をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
ご利用いただいた方のブログ記事についても下記にまとめましたので、是非ご参考ください!


また「スクリプト機能」は引き続きBasicより無料からご利用いただけます。ぜひお試しください!

【Parseからの移行について】
Parse終息のため、mBaaS乗り換えをご検討の方も多くいらっしゃるかと思います。
この度ご提供する「スクリプト」はParseの「カスタムコード」に類似した機能になります。
是非、この機会にニフティクラウド mobile backendをご検討ください!
機能概要
「スクリプト」では、任意のサーバーサイドのロジックを同サービス上に構築できます。

○サポート言語:node.js
○活用例   :抽選結果が即時にわかるキャンペーン応募機能の実装、ソーシャルゲームにおける「ガチャ」機能の実装など。

抽選機能やガチャ機能を「スクリプト」を使って「ニフティクラウド mobile backend」上にロジックを構築すれば、サーバー運用の手間とコストも削減できます。
また、ソーシャルゲームなどの用途においては、サーバーサイドに処理を集約することでアプリの軽量化やチート対策にもつながります。

※本日公開の正式版より、SLA保障対象内となります。
「スクリプト機能を使ってみた」ブログ記事一覧
mobile backend エバンジェリストの中津川さまをはじめ、
たくさんの方にトライアル版のスクリプト機能をご利用いただきました!

「こんなことに使ってみた」「こんなことをするためには?」など、
ユーザーの視点に立った様々な記事がございますので、ぜひご参考ください!

スクリプト機能をリリースしました!
スクリプト機能とは? から、管理画面の操作方法まで、スクリプト機能をざっくり知るための入門記事としてご活用ください。

スクリプト機能の始め方
node.jsのインストールから、サンプルコードまで、スクリプト機能の利用方法を詳細にご説明。実際に利用を始まる際のチュートリアルとしてどうぞ!

スクリプト機能でできるあんなこと、こんなこと
スクリプト機能を使って、結局なにが出来るのか!? を分かりやすく説明しています。開発者ではない方もぜひ!

スクリプト機能を使って複数のクラスデータを一回で取得する
スクリプト機能を使ってデータの検証を行う
具体的なスクリプトの活用方法について、コードを交えながら解説しています。

iOSからスクリプト機能を呼び出す
JavaScript SDKを使ってスクリプト機能を呼び出す
アプリから呼び出す際の手順やソースコードについて解説しています。

作成したスクリプトを小さくするには?
スクリプトの容量には制限がありますので、いかにミニマムに圧縮できるか? もポイントになります。役立つTIPSです。
料金プラン
Basic(無料):
 スクリプトAPIコール数/月:100回まで無料
 累計処理時間/月:100秒/月まで無料

Expert(30,000円/月):
 スクリプトAPIコール数/月:10,000回まで無料。10,001回以降、10,000回ごとに1,000円。
 累計処理時間/月:1,000秒まで無料。1,001秒以降、1,000秒ごとに300円


<利用料金例>
月間のスクリプトAPIコール数 100,000回、累計処理時間が200,000秒だった場合

・基本料金(Expert)           30,000円
・利用料金
- スクリプトAPIコール数
 10,000回                   0円
 10,001回〜100,000回          9,000円
- 累計処理時間
 1,000秒                   0円
 1,001秒〜200,000秒           59,700円
--------------------------------------------------------------------------
合計                    98,700円

※Basicで利用制限を超えた場合、スクリプトAPIコール利用不可。
※Expertでは利用制限を超えた場合、自動で容量拡張される。追加単位は上記の通り。
※スクリプトAPIコール数、処理時間はコントロールパネルにて常時確認可能。
※スクリプトの処理時間はコントロールパネルで試算可能。

ニュース一覧に戻る

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ